なかなか上手に話ができない、会話に苦手意識がある…など、もっと話し上手になれたら…と思うことはありませんか?会話のちょっとしたコツを意識するだけでも、相手に与える印象や話しやすさは変わってきます。

今回は、そんな会話に苦手意識のある方へ、ちょっとしたコツをお伝えします!

【会話で心がけるポイント】

相手の視点で考える

話が苦手な人ほど緊張してしまったり、自分のペースでどんどん話を進めてしまったりする傾向があります。うまく話そう、失敗しないように…という気持ちが空回りしてしまうことも多いはず。

まずは、相手が何の話を求めているのか、ちゃんと理解できているかどうかなど相手の視点を意識しながら話をすると、スムーズに会話が進んでいきます。一方的に自分の話をするのではなく、相手がどんなことに興味があり、喜んでくれるのか考えながら話してみましょう。そうすると、相手の反応も良くなり、自然と話が進んでいきますよ。

話す内容を整理しておく

会議や商談の場合では、あらかじめ話す内容やポイントを整理しておきましょう。結論や要点をまとめておくことで、内容が頭の中で整理され、スムーズな流れで話が進められます。事前に内容が頭に入っているため、苦手意識からくる緊張もいつもより少なくなるはず!

笑顔で話す

たとえ、人と話すのが苦手であったとしても、笑顔が与える印象というのは大きいものです。無表情で淡々と話を進めていくより、笑顔で和やかな状況を作ることで、相手との会話も弾んでいきますよ。会話が苦手という意識があると表情が硬くなりやすいため、笑顔を心がけることを意識してみましょう!

④「オウム返し」で返事をする

会話の中で、相づちを打ったり、うなずいたりすることは多いと思いますが、相手が話した内容の一部をそっくりそのまま「オウム返し」することを意識してみましょう!

「〜へ行かれたんですね。」「〜が面白かったんですね。」など、相手の会話の内容をそのまま返すことで、話をちゃんと聞いてくれているという安心感を与え、話を続けてもらえます。これなら、会話が苦手な方でもすぐに実行でき、相手のペースで話を進めてもらえます。また、感想や自分の意見を言うのが苦手という方でも、スムーズに会話が進んでいきますよ。

【まとめ】

いかがでしたか?すぐに話し上手になることは難しくても、これらのポイントなら、簡単に試していただけます。ぜひ、ポイントを意識しながら会話を進めてみてくださいね!

従業員の気持ちを見える化 SMILE SCORE TEAM
30日間無料お試し&ガイドブック取得はこちらから