新型コロナウィルスの影響で、入社式や新入社員研修の計画変更、もしくは、オンライン実施へと変化していますが、その後の新入社員フォローはできていますか?

初めての社会人生活。新しい環境でのスタートにただでさえ不安や戸惑いが多い時期ですが、働き方も大きく変化している現在、新入社員の皆さんのケアは今まで以上に必要となってきます。

【新入社員の離職率】

企業では、非常に多くの時間やコストを新卒採用に費やしています。しかし、厚生労働省の統計によると、3年以内に離職する率は、平成27年3月卒業の大卒社員で31.8%、平成28年3月卒業の大卒社員で32.0%と約3割の新入社員が3年以内に離職している状況です。

出典元:厚生労働省「新規学校卒業就職者の在職期間離職状況」
https://www.mhlw.go.jp/content/11650000/000556418.pdf

会社側としては多額の採用コストや教育コストが無駄となり、新たな人材確保が大きな課題となります。そんな状況を出来るだけ防ぐためにも、新入社員にできるフォローとは、どんなものがあるのでしょうか?

【新入社員をフォローする方法】

①相談しやすい環境を作る

社会人となって初めてだらけの環境で、多くの新入社員が不安を抱えています。新入社員からも話しかけやすい環境作りをすることも大切です。趣味や時間の過ごし方など、仕事とは関係のない雑談を交えながら話をすることで連絡や相談しやすい環境を作りましょう!何かあったら相談できるという環境を作ることで、事前に話し合い、離職を防ぐことができます。

②新入社員同士で交流する場を持たせる

上司や先輩に言いにくい話や悩みは、同じ立場の新入社員だからこそ、共感できたり共有できたりするものです。また、悩んでいるのは自分だけではないと思えるだけでも、大きな安心となります。現在もテレワークを採用している会社も多いと思いますが、オンラインで新入社員同士を集めて雑談する機会を設けるなど、積極的にサポートしましょう!

③褒めて、やる気を出してもらう

ちょっとしたことでも褒めてあげることで、新入社員の自信となり、会社から必要とされているという気持ちでやる気が出てきます。一緒に目標設定をし、やり遂げた内容を具体的に褒めることで、新入社員のやる気を向上させましょう!

【まとめ】

いかがでしたか?新卒採用の社員の3年以内の離職率は約3割と多くの割合を占めるため、入社してからのフォローやケアがとても大切になってきます。コミュニケーションを活性化させ、話しやすい環境作りをすることで、新入社員の離職を防ぎましょう!

SMILE SCOREのチャット機能を使って、新入社員とのコミュニケーションを計ってみませんか?また、毎日の気持ちの変化を目で見ることができるので、離職防止に役立ちます。

  30日間無料お試し&ガイドブック取得はこちらから