株式会社悪の秘密結社代表取締役社長 笹井浩生さん

▼笹井浩生さんのプロフィールはこちら▼
1989年生まれ。高校生の頃にTVヒーローのスーツアクターのアルバイトを行い、ヒーローショーの魅力にとりつかれる。卒業後は時計屋・広告代理店に就職し、サラリーマンとして約6年勤めるも脱サラし株式会社悪の秘密結社を創業する。※こちらは2019年8月にご出演いただいた時の記事です。


インタビュアー)このコーナーでは、ゲストに毎日を活き活きとグローバルにはたらくコツを教えていただいてます。

まず、3つのキーワードがあります。

◆働き方(休暇の取り方) 
◆評価システム
◆コミュニケーション です。

最初に、働き方についてお伺いします。労働時間帯は9時~18時等決まっていますか?

笹井)10時~19時です。希望休制なので、週2日どこかで休んでいただいてます。土日が仕事で会社休が水曜日なので、前後にお休みをつけられるか、飛び休でもいいと言ってますね。基本的に「好きにして下さい」というスタンスです。

インタビュアー)リモートワークはやっていますか?

笹井)先程申し上げましたように今コミックをつくっているところなので、うちのメインアーティストは家で書いています。若い会社なので、社内は騒々しいみたいですね(笑)

インタビュアー)長期休暇は取りやすいですか?

笹井)はい。それこそ私が数日前まで15日間ほど東京で舞台がありまして、会社は皆に任せておりました。こういう取り方は今までなかったんですが、少しずつ取れるようになってきましたね。1人の時は無理でしたが、今は人数も増えましたので可能になりました。

インタビュアー)そうなんですね。ちなみにもう少しお休みを取って、どこかで羽を伸ばす予定はないのでしょうか?

笹井)今度のコミックPRイベントで、社用車クラウンをオールラッピングして11日間日本縦断する予定です。これも休みではないですが(笑)楽しみです!

インタビュアー)楽しみですね!

続いて人材教育についてです。社員やスタッフの方々がスキルアップしてもらえるような事は何か行っていますか?

笹井)僕らは抽象的なことを仕事にしていて、僕らが売っているものは厳密に言うと「時間」なんです。モノは売っていません。形になりづらいものだからこそ、力を入れているのは「形にすること」「見える化」です。営業システム、製作システムは予算を特化してつくっているところです。イベント業は分かりづらいことも多いですが、そのあたりの体制はうちはやっている方ではないかと思います。

インタビュアー)働いていらっしゃる方の評価はされてますか?

笹井)今デューダで求人広告を出していますが、私自身が人に評価されるのが好きではないですし、正直言って評価をしたくもないという思いがあります。ですので、自己申告でさせています。「僕はこれくらいできるので給与を上げて下さい」を言われたら、OKを出すということですね。給与は自己申告で結構です。

そしてどこでもあると思いますが、社内の部門の営業と技術の軋轢はあります。営業がしっかり数字を取ってきたら技術もしっかり制作しなければなりません。ですので、「人の給与に対するバランスまで組み立てられたらOK」という条件を1つだけ提示しています。売り逃げするような形にはしていません。「売った後に作ってくれた皆に対するフィードバックまで行う」ということですね。そこまで考えてほしいと思っています。

インタビュアー)では、3つ目のコミュニケーションについてです。SMILE SCOREはお互いの感情を理解し、チームの信頼意識を高めることを目的としているコミュニケーションツールです。一緒に働いているスタッフへ向けてのアプローチ、声掛けや言動等、何か工夫していることはありますか?

笹井)会話は絶対に必要なので、朝礼・終礼が少しだけ長いです。世の中の流れとして効率化・クラウド化があると思いますが、人間関係は絶対にクラウド化できませんからね。例えば前日に接待があれば、その時の話を翌日の朝礼で話すこともあります。学んだことをその場で共有し、喋りまくります。

先程の給与面もそうですが、普通は給与が自己申告なんて考えられませんけど、私達は上場したいという思いの元、動いているスタートアップです。ですのでスパっといくところ積み重ねるコミュニケーションを敢えて切り分けてやっています。段階を踏んでいて、今僕たちはこのフェーズにいるからこういったコミュニケーションを取る等伝えているのですね。分かりやすく例えると、今偶然女性社員がいないのですが、もし女性の社員がいたらこの話題は出さないとか、そういうことも伝えています。

インタビュアー)少し話が戻りますが、先程給与や評価について伺いましたけど、いろんな年齢のスタッフがいる中で、お若いスタッフは正直に要望を伝えられますか?

笹井)いいえ、言わないです。ただ、今はスタッフが少人数で1人1人が見える状態なので。業務過多になったり社内の要になってきたと感じた時に連絡して、給与を上げる相談をしています。頑張っていることを気づいてもらえると嬉しいので、「頑張ります!」という声が返ってきますね。

彼らが自己発信できないのは僕たちの思考スキルが低いからだと思ってしまいますが、できるような仕組みを僕がもっと組まないといけないと考えています。

インタビュアー)それでは最後にズバリお伺いします。笹井さんが考える、毎日をいきいきとグローバルに活躍するコツを聞かせて下さい。

笹井)「いろんなヒーローと戦う」という意味ではグローバルだと思います。ただ信じて実践しているのは、目線を上げることだけです。「うちは悪の秘密結社なので、世界を征服しなければなりません」と社員に真面目に話しますし、法人格としては「上場しなければいけません」と高い所の目線で話します。ただ高い仕事のやり方をするとつぶれるので、今の段階はどこにいるのかを俯瞰して見ながらやっているつもりです。

インタビュアー)笹井さん、有り難うございました。

▼この記事の放送映像は42分過ぎから▼

【The Global News Of The Weekend】とは…

グローバルに活躍しているゲストをお迎えして、『GLOBAL』をテーマにお送りする福岡のラジオ放送局COMI×TEN FM77.7MHzの番組「The Global News Of The Weekend」(毎週土曜日AM9:00~AM9:55)。「SMILE SCORE presents Smile Workstyle」はこの番組内のコーナーで、AM9:40頃の放送を予定しています。

【放送後の裏話】

悪の秘密結社代表の笹井さんがゲストでした。悪役しかいない会社創立のきっかけから、今に至るまでのお話をたっぷりお伺いしました。全てが今までになく新鮮でしたが、「1度でいいから悪が勝ってみたい」という感覚は分かる気がしました。

ご出演いただき本当に有り難うございました。

Akiko Hayashida

Akiko Hayashida

SMILE SCORE INC ライター。2013年よりRadioDJとして、COMITEN FM77.7MHz 毎週火曜日〜土曜日AM8:00〜AM11:00「Comiten De Classic」「The Global News Of The Weekend」等担当。GLOBAL展開を目指す企業・人材に関心が強く、Interviewerとして取材を続けている。

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial