株式会社diffeasy CEO白石憲正さん、CTO西武史さん

▼白石憲正さんのプロフィールはこちら▼
早稲田大学にてAIで株式売買の研究。IBMに就職し、銀行システム開発マネージャーに。7年勤務した後ITシステムの(株)diffeasyを創業。全国販売中の大会運営向上心が、経済産業省、福岡市ともに事業採択。

▼西武史さんのプロフィールはこちら▼
福岡のIT企業に9年間務めたのち、独立。複数のベンチャーの立ち上げに関わり、2017年diffeasyにCTOとしてジョイン。「すべての人が自分の人生を主体的に生きる社会の実現」が人生の目標。


インタビュアー)このコーナーでは、ゲストに毎日を活き活きとグローバルにはたらくコツを教えていただいてます。

まず、3つのキーワードがあります。
◆働き方(休暇の取り方)
◆評価システム
◆コミュニケーション です。

最初に、働き方についてお伺いします。9時から18時など決まった労働時間帯はありますか?

西)一応コアタイムとして10時~15時がなんですが、うちは成果主義で特に時間で測るってことはしていません。プライベートに合わせていて、例えば、最近子供が生まれるメンバーとかも多いんですが、朝8時から仕事を始めて16時や17時に終わるなど、時間で特に何時から何時っていうシステムではないですね。

インタビュアー)リモートワーク等は推進されてるんでしょうか。

西)リモートワークもやってます。私自身も集中したい作業とかの時はリモートでやってますし、うちのメンバーも今3人は基本的にリモートで働いています。大阪にいるメンバーもいますし、福岡にいていつでも通えるんだけど、家の方が作業効率が良いとかであれば家で働いているメンバーもいます。

インタビュアー)そうなんですね。

先ほどのお話の中で「副業OK」と仰ってましたが、副業をされている方は結構いらっしゃいますか?

西)結構みんな色々みんなやってます。副代表の篤司も、ITやりながら田川で米を作って販売しています。

インタビュアー)これは大変良い例だと思うんですが、白石さん。副業は最初から認めていたんですか?

白石)そうですね。兄弟で会社始めた時に、もう弟(副代表)は最初に米屋やってまして、「米屋やりながらIT手伝うよ」って言ってくれたんです。彼は逆に副業としてdiffeasy始めて、今となればそれが主となって米屋が副となった形ですね。

インタビュアー)可能性が広がりましたよね!

白石)そうですね。他の仕事を働きたくてもできないってことは、その人に対しての選択肢をひとつ削ることになってしまうと思います。「そういう会社にはしたくない」という思いがみんなの共通認識であるというのが、今のところ副業 OK にしてる大きな理由になりますね。

インタビュアー)では続いて、評価システムです。どういった形でスタッフの評価をされてますか。

西)「評価」という言葉がdiffeasyらしくないと思っています 。先程「目標達成マンダラート」というツールの話もしましたけど「メンバーそれぞれが何をやりたいか」を結構重視してます。他者との比較ではなく、「あなたはここが苦手だからちょっとここを克服しましょう」というものでもなくて、マンダラートの目標の中心に対して「それをやるためにこういうことやっていきたい」ということです。それに対しての「自己実現」ですね。自己の実現を応援しているので、「自己評価」になりますね。

インタビュアー)自己評価プラス自分の思いを共有していくことによって叶えられることもきっとありますね。また、叶えられたことが自動的に評価されるというシステムにもなると思います。

白石)そういうことになりますね。

インタビュアー)何か研修等は行っていますか。

西)社内で研修は基本的にやりません。自己実現のために、「こういったことを勉強したい」等メンバーそれぞれにありますので。福岡は、割と IT の勉強会を毎日のようにやってます。そこに積極的に参加するとか、またdiffeasyとして、福岡市内で開催される IT勉強会にスポンサーとしてお金を提供しています。それをきっかけに、社内だけでなく外に色々目を向けて、その中で自己実現のために勉強をしてもらったらいいかなと思ってます。

インタビュアー)では3つ目のコミュニケーションです。スタッフとコミュニケーションを取る際に、何か気を付けていることはありますか?

西)マンダラートをみんなで共有することで、コミュニケーションのきっかけになります。例えば、世界展開していくにあたって「今は苦手だけど英語を勉強したい!」っていうのを結構みんな書いてるんですね。そしたら今年、シンガポール出身の英語ペラペラのメンバー、ジョン君が入ってくれました。彼が自主的に毎週水曜日の朝に英会話教室を開いてくれて、それをきっかけにみんな英語を勉強し始めて、それが一つのコミュニケーションにもなっています。みんなで楽しくやってますね!

インタビュアー)社内にそういうのがあると嬉しいですね!

白石)そうなんです。ジョン君がたまたま前職が高校のALTなんです。英語の先生なのでプロなんですよ!クオリティーが高すぎます。

西)この英会話教室は、めちゃくちゃ楽しいです!

インタビュー)素晴らしいコミュニケーションの取り方だと思います。

それでは最後にズバリお伺いします。西さんが考える、毎日をいきいきとグローバルに活躍するコツを聞かせて下さい。

西)私の人生の目標みたいなものがありまして。プロフィールにも書いたんですが「すべての人が自分の人生を主体的に生きる社会の実現」っていうの思っています。

白石)重たい(笑)

西)そういうのが好きなんです(笑)自分自身が結構そうだったんです。昔は「みんな高校大学行くから自分も行かないと」とか、「みんな就職活動してるから自分も就職活動しないと」みたいな感じで生きてきまして、ふとある時に「あれ、こんな生き方でいいのかな」みたいなきっかけがありました。自分がどうありたいかとか、そこに向かって自分の人生、いつ終わるかわかりません。自分らしく活き活きと生きていくっていうのがやっぱりいいなって思います。

インタビュアー)白石さん、西さん、有り難うございました。

▼この記事の放送映像は44分過ぎから▼

【The Global News Of The Weekend】とは…

グローバルに活躍しているゲストをお迎えして、『GLOBAL』をテーマにお送りする福岡のラジオ放送局COMI×TEN FM77.7MHzの番組「The Global News Of The Weekend」(毎週土曜日AM9:00~AM9:55)。「SMILE SCORE presents Smile Workstyle」はこの番組内のコーナーで、AM9:40頃の放送を予定しています。

【放送中の裏話】

diffeasyのお2人の目が眩しくキラキラしていて、仕事や会社の話を情熱を持って熱く語れるって素敵だなと思いながら、お話を伺っていました。目標達成マンダラートをつくり、使うだけでなく共有するというのが本当に素晴らしいと思っています。自己実現のために仲間づくりにも利用したいですね!

ご出演いただき本当に有り難うございました。

Akiko Hayashida

Akiko Hayashida

SMILE SCORE INC ライター。2013年よりRadioDJとして、COMITEN FM77.7MHz 毎週火曜日〜土曜日AM8:00〜AM11:00「Comiten De Classic」「The Global News Of The Weekend」等担当。GLOBAL展開を目指す企業・人材に関心が強く、Interviewerとして取材を続けている。

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial