画家の八坂圭さん&美術作家の田代耕一さん

▼八坂圭さんのプロフィールはこちら▼
福岡生まれ。西南学院高校卒業後、多摩美術大学へ。大学院修了後、パプアニューギニアへ留学した異色の経歴を持つ。東京・福岡など個展を多数開催し、海外のアートフェアでも作品を発表。現在、九州産業大学非常勤講師。


インタビュアー)このコーナーでは、今日のゲストに毎日を活き活きとグローバルにはたらくコツを教えていただいてます。

まず、3つのキーワードがあります。
◆働き方(休暇の取り方)
◆評価システム
◆コミュニケーション です。

最初に、働き方についてお伺いします。労働時間帯は決めていますか?

八坂)ないですね。よく「宗教家とアーティストは24時間365日無休だ」と人に聞いたり本で読んだりするんですが、その通りだと思うんです。アーティストは自分の世界観を世界に発信していく生き方なので、話をしていてもご飯を食べていても寝ていても「その人」を表現していて、休みは基本的にありません。24時間「八坂圭」というアーティストだと思います。

ただ、「絵を描く」「個展で自分の絵を説明する」「アートレッスンをする」という対外的なある種の仕事をしている時は、神経を使います。そうすると、自営業者だからこそオンとオフを綺麗に意識していないと、身が持たなくなったり、パフォーマンスが下がってきます。それは十数年続けていて思います。

だから、「もっとやりたい」「もっと描きたい」と思っても、オフの時間を意識的につくることが大事だとつくづく痛感しています。

インタビュアー)そうなんですね。田代さんはいかがですか?

田代)僕の場合は細切れができなくて、ある程度時間を調整して確保しないとできないです。集中してやって、終わったら切り替えます。

インタビュアー)有り難うございます。

ちなみに八坂さんは、オフの時は何をされてますか?

八坂)ここ2、3年の自分を振り返って何がオフなんだろうと思うんですけど(笑)例えば福岡にも拠点がありますが、熊本にもアトリエがあります。そこの間を3時間ドライブするんですが、ちょっと寄り道すれば阿蘇の大観峰を通って行くことができるんです。季節が良い時期は数十分間、草原を観ながら走っていきます。それは移動なので仕事ではあるのですが、オフだったりします。

インタビュアー)今のお話の中にも少し出てきましたが、八坂さんが海外に行った際に出会った画家さんたちも同様にオンやオフは分けられてる方が多いですか?

そして昨年は海外5か国行ったんですけど、飛行機の移動の合間に見る人々の様子だったり、そういう隙間に今の世界、人類の笑顔を見ます。その瞬間が私にとってオフなのかなと思っています。

八坂)海外の画家さんはのんびりされています。私は彼らにたまに「圭、もっと人生を楽しめよ」と言われたりします。やっぱりが日本と他の国々とは、時間の流れ方が少しちがうのかなあという感じがしますね。それこそニューギニアにいた時には、1日が1時間に感じていました。

インタビュアー)もしかすると海外の方は、仕事に対する考え方そのものが違うのかもしれないですね。

八坂)そうですね。国それぞれだと思いますけど、いろんな時間の流れ方があります。日本よりハイペースな都市や地域もあるでしょうし、本当に信じられないくらいゆっくりな所もありますよね。

インタビュアー)八坂さんの作品には沢山のファンがいらっしゃいます。コミュニケーションにおいて何か気を付けられていることはありますか?

八坂)活動が長くなってきたので、いろんな方に出会います。画家といえども絵を描いて購入していただく訳ですから、「その販売のお仕事でまわる」とアドバイスを受けて、いわゆる接客マニュアル的なことを教えてもらったこともあったんですけど、何かそぐわなくてですね(笑)

結局、私がやってることはやっぱり「宇宙の直感をその瞬間にアートに表していく」。言葉ではとどかない何かエネルギーのようなものを伝えているやり方なので。コミュニケーションも「直感」。でもどんな時も私が「八坂圭」ではなくて、私を通して宇宙の愛と光がその人に届くんだという思いで、なるべく私心を捨てて、その人に接するように心がけています。

ただ、繰り返し会っている人やよく知っている人には、個人的な会話をしてしまったりしますよね。そういうことも含めて、「まっすぐであるということ」に尽きるのかなと思います。

インタビュー)それでは最後にズバリお伺いします。八坂さんが考える毎日をいきいきとグローバルに活躍するコツを聞かせて下さい。

八坂)いろんな意見があるでしょうけど、私達は今「地球という1つの共同体、グローバルな市民なんだ」という思いで、目を開いて、今日というこの日に「自分という命がどんなことをやったらもっと世界が楽しくなるか」「自分が笑顔でいられるか」を自分に問うてみて、その中で「これならできる!」ということを実行してみること。それが働くということ、いきいきと生きるということに繋がるんじゃないかなと思います。

インタビュアー)八坂さん、有り難うございました。

▼この記事の放送映像は39分過ぎから▼

【The Global News Of The Weekend】とは…

グローバルに活躍しているゲストをお迎えして、『GLOBAL』をテーマにお送りする福岡のラジオ放送局COMI×TEN FM77.7MHzの番組「The Global News Of The Weekend」(毎週土曜日AM9:00~AM9:55)。「SMILE SCORE presents Smile Workstyle」はこの番組内のコーナーで、AM9:40頃の放送を予定しています。

【放送中の裏話】

お2人の生い立ちやキャリア、活動への思いについて55分間たっぷりとお伺いしました。とにかく愛情いっぱいの作品を通したグローバルな活動を始められています。お話していて癒されるのは、その愛と光がこちらにも届いているからなのだと思います。これからの活動にも期待しています!ご出演いただき本当に有り難うございました。

Akiko Hayashida

Akiko Hayashida

SMILE SCORE INC ライター。2013年よりRadioDJとして、COMITEN FM77.7MHz 毎週火曜日〜土曜日AM8:00〜AM11:00「Comiten De Classic」「The Global News Of The Weekend」等担当。GLOBAL展開を目指す企業・人材に関心が強く、Interviewerとして取材を続けている。

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial