今回のゲスト:田中雅敏さん

▼田中雅敏さんのプロフィールはこちら▼
企業法務、労務法務、国際業務、契約関係等を幅広く扱う、福岡の明倫国際法律事務所の代表弁護士。アジア全域の国際的ネットワークを活用し、中国・ASEAN諸国(タイ、ベトナム、シンガポール、マレーシア、インドネシア、カンボジア等)に展開する企業の支援に関して豊富な実績を持つ。


インタビュアー)このコーナーでは、今日のゲストに毎日を活き活きとグローバルにはたらくコツを教えていただいてます。今回は代表して田中さんにお伺いしていきます。
まずは、3つのキーワードがあります。
◆働き方(休暇の取り方) 
◆評価システム
◆コミュニケーション です。

インタビュアー)最初に、働き方についてお伺いします。労働時間帯は、9時から18時など決まってらっしゃいますか?

田中)事務所が空いてるのは9時から18時ということになってますが、弁護士の労働時間は私も含めて自分の裁量です。例えば、 平日でも「今日は事務所に行かないで、土日は混むから平日に家族とどこかに遊びに行く」でもいいです。 何時に来て何時に帰ってもいいということですね。依頼者の方と信頼関係をきちんと維持できるのであれば、自分の判断でやるようにしています。

インタビュアー)そうなんですね。今のお話だけ聞くと羨ましく思いますが、例えば帰宅してもずっとお仕事されている、ということもきっとありますよね?

田中)そうですね。皆そう思ってくれているかは分からないんですが、弁護士なのでどうしても厳しい仕事もありますから、時間が長くなるのはやむを得ないところもあります。そういう時に自分の裁量でアレンジができると、ストレスが低くなるのではないかと私は思っています。例えば、「今日は疲れたから昼間だけどプールに行って泳いできます」でも良いですし、「今日は子供の参観日だから行きませんが、家で仕事します」でも良いです。「家族の具合が悪くなったから、家に仕事を持って帰ります」でも良いです。自分でコントロールできるというのがやはり大事なのではないかと思っていて、それができれば仕事を自分に合わせられますし、ストレスも少なくて済むと思っています。

インタビュアー)確かに!そうすればストレスは少なくて済みますね。

田中)そう願ってます。

インタビュアー)続いて、評価システムについてお伺いします。スタッフをどういった基準で評価していますか?

田中)うちは360度評価的なものをやっていて、皆が皆を評価し、私達ももちろん評価されます。自分の思っている自分とはちょっと違うように見えていたりするので、いろいろ勉強になっていますね。事務局ではそれを含めて全体として評価事項を決めて評価しますが、弁護士の場合は、最終的に上司が評価するとか自分が評価するとかの仕事ではなく、基本的に人を助ける仕事ですから。依頼者がどれくらい満足してくれたかが全てだと思うんです。依頼者が満足しているか、依頼者からどれくらい信頼されているか、依頼者が仕事を依頼してくれるか、依頼者がこの人にやってほしいと言うかどうか、というところである程度を評価するようにしています。我々は上司ではないので、評価的なことをしないわけではないんですけど、多分報酬には関係はありません。なので、上司の評価を気にする必要はなく、自分の思ったことをしっかりやってくれたらいいなと思っています。

インタビュアー)そうなんですね、有り難うございます。

ちなみに、スキルアップできる研修は何か行っていますか?

田中)はい。事務所内では所内研修を行ってまして、外部講師を呼んで研修を行ったりしています。あとは特殊な技能などを身に付けてもらえるように、例えば先日はうちの事務スタッフがウェブデザインの学校に半年程行って、システムエンジニア的なことができるようになってます。

インタビュアー)凄いですね!

田中)はい、他にもいくつか話はありますが、まだ内緒なので言えないんですけど。

インタビュアー)そういう専門以外の研修もあると楽しみになりますよね!

田中)うちでは好きなことをやってほしいと思っていて、嫌いなことをなるべくやらなくて良い形にしたいんです。それでも誰かがやらなくてはいけない仕事は残るので、そこはやむを得ませんが。我々の方で、この人は何が好きか、そんなことをしたいのか、どんなことをしたくないのかとか、なるべく汲み取ってその方向で伸ばして上げられるようにはしたいなと思っています。

インタビュアー)かしこまりました。それでは、3つ目のコミュニケーションについてお伺いします。一緒に働いている人達とスムーズにコミュニケーションを取るために、何か工夫されていることはありますか?

田中)なるべく会議等で情報共有するようにしてるんですが、どうしても堅くなってしまうので、飲み会等はうちは割と頻繁にしています。あと、年に1回の12月のクリスマスパーティーではチームに分かれて希望者は練習し、親不孝のライブハウスを借りて結構本格的なものもやります。そういったことも、チームの中の一体感を育てるのに役に立っているかと思っています。

インタビュアー)そういうイベントがあると、とても楽しみですね!

田中)そうですね、12月になると直前で忘年会シーズンでもあって忙しいんですが、なんとか練習する時間をひねり出して皆頑張っています!

インタビュアー)とっても楽しそうですね!

では最後にズバリお伺いします。田中さんが考える毎日を生き生きとグローバルにはたらくコツを聞かせて下さい。

田中)今の現状を楽しむことだと思います。仕事でもプライベートでもそうですけど、「こんなことが起きてどうしよう」「なぜこうならないんだろう」ということが沢山ありますが、それを考えていてもしょうがありません。それよりも、とりあえずこの現状からスタートしていく、与えられたタスクだと思うようにしています。「目に見えない〇〇さんが今度はこんなことを言ってきたか」「これをどう解決してやろうか」と考えて楽しむんです。それができるとストレスも溜まらないし、どこに行っても少なくとも自分の持ってるものは発揮できると思います。

インタビュアー)田中さん、有り難うございました。

▼この記事の放送映像は43分過ぎから▼

【The Global News Of The Weekend】とは…

グローバルに活躍しているゲストをお迎えして、『GLOBAL』をテーマにお送りする福岡のラジオ放送局COMI×TEN FM77.7MHzの番組「The Global News Of The Weekend」(毎週土曜日AM9:00~AM9:55)。「SMILE SCORE presents Smile Workstyle」はこの番組内のコーナーで、AM9:40頃の放送を予定しています。

【放送中の裏話】

田中さんと私は同じ山口県育ちでした。インタビューでは、法律専門家としての王道でなく自分のやり方を信じて進まれた勇敢な方だけに、幅広い見識と引き出しの多さ、器の大きさを感じました。「困っている人達を助けたい」との思いを国境を越えて叶えられていらっしゃいます。また今後の展開もぜひお伺いしたいです!ご出演いただき本当に有り難うございました。


Akiko Hayashida

Akiko Hayashida

SMILE SCORE INC ライター。2013年よりRadioDJとして、COMITEN FM77.7MHz 毎週火曜日〜土曜日AM8:00〜AM11:00「Comiten De Classic」「The Global News Of The Weekend」等担当。GLOBAL展開を目指す企業・人材に関心が強く、Interviewerとして取材を続けている。

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial